浅間山釜山火口
 
▲戻る
 

釜山は、現在、活動を続けている前掛山の山頂付近に形成されたもので、火口の大きさは長径東西約500m, 短径南北約440m、天仁元年の噴火のときに形成された火砕丘と考えられる。北側へ溶岩流が連続しているが、これが天明三年(1783)の鬼押し出し溶岩流である。鬼押し出し溶岩流はプリニー式噴火にともなう噴煙柱から降り注いだ火砕物が火口の周りに堆積し、それが自重によって流れ出したものと考えられている。

  
位置図 国土地理院
GoogleMap
関連サイト
■閉じる
この頁は「StereoPhotomaker」を利用して作成しました。
※この頁を見るためにはJAVAが必要です。
空中写真:国土画像情報(カラー空中写真) 国土交通省
■閉じる